でこぼこ坂道〜つなぐ、伝える〜

歩きやすい道ではなかった、今までもきっとこれからも。それでも未来へと繋がるこの道を歩き続ける日々のブログ。

首こりに要注意!!

みなさん首は凝っていませんか?

首が痛い、重だるい、よくつる

それ首こりのサインかもしれません!!

 

首には大切な神経が通っていて首はとっても大事な部分なんです。

いつもスイカのような重たい頭を支えている首は休まる暇がありません。

日々疲れが溜まっていきます。

それなのに首はあまり動かすことがなく凝りが蓄積されていくそうです。

ですが、首は絶対に揉んではいけません!!

やたらに揉んだり強く揉むと首を悪化させてしまいます。

じゃあどうすればいいのか、それは

 

首を温めるんです!!

 

首は冷やさないことが大事!

冬場はマフラー、春夏はストールを巻いたり。

室内でもこれからの時期はクーラーで首が冷えてしまうので首を冷やさないように気をつけるだけでも首を守れます。

 

お家でのケアはホットタオルで首を温めます。

首の筋肉がほぐれるので暇さえあれば温めると効果的です。

 

ホットタオルの作り方

使うものはタオルを2枚とラップとレンジ

1.タオルを首の後ろから横までぐるっと巻ける                   くらいの大きさに折りたたんで水で濡らし軽くしぼる

2.濡らしたタオルをラップで包んで

500〜600Wで1〜2分レンジでチン

(火傷しないくらいのあったかさで)

3.それをもう1枚のタオルで包んで首に巻きます。30分くらい巻いたままにするのが理想。

 横になって首を休めながらやるのが1番いいです。

 

首のコリがひどくなると、首の筋肉に異常がおきる→自律神経失調症→うつ→自殺

という危険な状態になります。

性神経筋症候群(けいせいしんけいきんしょうこうぐん)別名、頚筋症候群、首コリ病。

自律神経が乱れることによりさまざまな症状を引き起こします。

 めまい、頭痛。

自律神経失調症から

心悸亢進、血圧不安定、体温調節障害、微熱、

胃腸障害、ドライアイ、全身倦怠、吐き気、

発汗異常、視力障害、瞳孔拡大、症状の天候依存、冷えのぼせ、胸部圧迫感

                 ↓     ↓      ↓   

 パニック    頚筋性うつ状態   慢性疲労症候群

 

こんなにもたくさんの症状がでます。

原因が首にあるこれらの症状は薬では治らず首のコリをほぐす治療をしなければいけません。

うつ病と診断され薬治療をしているがなかなかよくならない、何年も続いている。

そんな人は、首コリを疑った方がいいかもしれません。

首コリ病の診察をしている東京脳神経センターというところで一度診察を受けてみてください。

ネックセラピー、スッキリセンターというところに通って低周波治療をして治していきます。

私も頚性神経筋症候群です。

今は治療をがんばっています。

 首コリの本もたくさん出ているので読んでみてください。

f:id:tchie7:20170517210752j:image

原因不明の体調不良は首から来ているかもしれません。

まだあまり知られていないので、私は自分の病気を通して経験したことや回復過程などを書いてこの病気をたくさんの人に知ってほしいと思ってブログを始めました。

私のブログが同じ病気で悩んでる人などの励みになればなとも思います。

つらいけどよくはなってきているので治療頑張ります!

また首コリからくる病気や、首コリ関係の記事も書いていきたいと思います!